サーチ slot blog村 JRANKSLOT blogRank パチサーチ SEO対策 パチスロ スロット 攻略 解析
新着記事

スロプロになるには?

えーっと…

スロプロになるには…ってキーワードで検索されて来ている方がこの頃異常に多いので、ちょっとそういう話でも書いてみます。

っていうか、スロプロになるってのは、いわゆる自己申告な訳で、自分が

「おいらスロプロだぜぇ」


って言ってもスロプロな訳です。

んな訳で、うちも面倒なのでスロプロ〜って言葉を使っているだけで、別にどこにでもいる一般市民です。

今日はその一般市民である神谷ライトが、神谷家流でスロプロについて話すので、そこんとこよろしくです。

とりあえずうちがこういう生活を本格的に始めたのが…4年前?位かな?結婚してからで。

始める時の貯金は、全額で300万位。
ま。失敗しても良いだけの金額はあったんで、そのあたりも今の立ち回りに影響があったような気がするんですね。

っていうのは、やっぱり軍資金が無いと、「稼がなきゃ…」って焦りも出ちゃうだろうから、あんまり条件が良くない場合でも変に稼動しすぎてマイナスになっちゃうかも知れない。

うちは余裕があったからなのかも知れないけど、やっぱり中間設定がどんなに投入されているイベントでも、設定6がなきゃ行かないって感じなので、どっちかといえば、他のプロさんに比べて昔から稼働時間は少ないです。

狙うイベントはあくまでも、設定6がメインのイベント。
設定5の場合だったら、全5・6とか、クレオフとか、設定が早めに確実に判る機種だけです。
毎日、30件位のホールのメールを取っているので、その中から厳選して、条件に合うホールがなきゃ行きません。

立ち回りはシンプルです。
主に人気が無い機種で110%以上の機種を選んでます。
状況によっては、肉やリンかけとかも狙いますが、あくまでもライバルが多い場合は無理しないようにしています。

ツモれるまでの投資金額と、ツモってからの期待収支を計算して、勝算がある場合のみ設定6を探します。

そんな感じです。

まとめると…

1、貯金は少しあると余裕のある立ち回りが出来るかも
2、設定6があるイベントのみにしか行かない
3、投資金額と期待収支。必ず儲けが出るように立ち回る


その上で

1、設定6でも人気が無い機種で、なおかつ判別しやすい機種を選ぶ、台数も勿論少なきゃ少ないほど良い(確実にツモる為)
2、設定5・4メインの場合は、朝から確定している場合のみ
3、抽選入場のホールよりも、並びのホールを選ぶ(早く並べばより良い台が取れるので)
4、根拠の無い台は絶対打たない、妥協もダメ
5、収支のボーダーは3ヶ月平均で考える


などを徹底してます。

もしも近くに設定6なんて入れているホールがない…って場合は、スロ一本で生きていくのは結構きつい…っていうか、無理に近いので引越しするなり他県に遠征に行くなりすると良いと思います。

が、現在のスロ事情ではそこまでするんだったら、自分らなら普通に働きます。

いずれにしてもスロ一本で生きてくってのは、相当きついと思います。
特に年をとってからは相当キツイので、そのあたりの覚悟も必要ですよね。

後、世間的に非常に厳しいです。
アパートを借りたりも結構至難の業です。
クレジットカードなども作れないので、先に作っておくのが無難ですよ。
当然ローンは組めないので、車や家を買う場合はキャッシュになります。

メンタルな部分も相当キツイので、そのあたりもコントロール出来るように、やっぱり少しは貯えがあると良いかもしれないですね。

ちなみに何も大した事は書けませんでしたが、これからスロプロになろうという方は、まずは自分に出来る事として、色んな情報集めからしてみてください。
とにかく上のようなお店があれば努力あるのみで、何とか出来ると思います。

今回は一応神谷家流なので、他のプロの人の立ち回りなども調べて、自分に合った方法を考えるのがペストかとww

参考になるかわからないけど、うちの旦那の知り合い(親友?)のプロの人は、他県へ遠征している徹底振りです。

うちの方で、設定6などを使用したイベントが無い場合などは、他県へ行き寝泊りして稼動しています。

他県に居ても、前日にこっちで良いイベントがあれば、バイトの子を連れて夜中に高速で3時間走り帰ってきます。

その位頑張らないと厳しいんですよね。
プロフェッショナルってこういう事なんだ…ってつくづく頭が上がりませんが…

うん。
とにかく大変なんだよ。って事で。



タグ:スロプロ


posted by バツイチslotmama at 09/09 01:21
| Comment | TrackBack(0) | パチスロ生活日記

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。