サーチ slot blog村 JRANKSLOT blogRank パチサーチ SEO対策 パチスロ スロット 攻略 解析
新着記事

再出発

この前は感情が高ぶって、改めて読み返すと、自分でも冷静に報告出来なかったなぁ…って思ってます。

ミヤさん、おささん、娘30さん、温かいコメントありがとうございました。
どうも、感情が高ぶっていた分、記事の内容がおかしな事になっていたのに気づかなかったです…orz

実は、今回の離婚騒動。
切り出しのは旦那ではなく、私なんですね。
どうも旦那は鬱病の症状があり、時々信じられないほどネガティブになります。
何も言ってくれない。
何も答えてくれない。
そんな状況が何度もあり、物凄く嫌気が指してしまって「私は家政婦じゃないんだ!何も相談出来ないなら一緒にいる意味がない!離婚したい!」って、毎回口癖のように言ってたんです。

だから、旦那が嫌になるのも当たり前なんですよ。
前回は、感情が高ぶり過ぎて、さも旦那が悪いように書いてしまったんですが、実際は私がけしかけた事で、旦那が「離婚したい」と言い出したわけじゃないんですよね。
ただ旦那も心身ともに疲れて、もううんざりって、つい本音が出てしまった感じのようで…

愛情が冷めたって言い方も、実は私が勝手にそう受け止めただけで、実際は「大切な人だけど、女性としては見てない」という事なんです。
結婚して、子供が出来てしまうと、お互いそういうふうに思う事ってありませんか?
長く付き合ったりした場合も同じで、私も実は旦那に対して男性的に愛してる…という感じは無くて、「大事な人。夫婦だけど友達みたいな関係」だと思ってたんですね。

勿論、お互いにいつまでも男女の仲で、愛し合っている夫婦の形もあると思うんですけど、私は「気取らないで居られる相手」だったから夫婦をやってる…って感じの方が強かったんです。

それが口論の末、冷めた、冷めないって感じでお互いの言い分がズレちゃったんですよ。
ただ、一度口に出してしまうと収まりが付かないし、消してしまう事もできないから、お互いにしこりは残ったんですけど…

その中で、私がやり直せるんじゃないか…と望みを抱いたのは、旦那は「私に問いただされなかったら、死ぬまでずっと一緒に居たと思う」って言った事だったんです。
つまり、彼は自分から切り出してまで、夫婦関係を解消する気は無いのかな…って。そう思ったんですよ。

だから、私は「絶対に離婚はしない。どうしてもしたいなら両親も交えて話して調停で話をつけよう」と言ったんです。
私が言うんじゃなくて…
私から言わせるんじゃなくて…
本当に彼自身の言葉で決断した時こそ、終わりだと思って。

付き合っている時や、結婚する時、ずっと自分の方が年齢も上なのが引っかかってて、何度も「本当に別れなくていい?今ならまだ別れられるよ?」と念を押して聞いたほどで。
だからもしも、私を傷つけないように、ずっと心に溜めておいたとしたらすごくズルイと思ったから。
だから、さよならは私からは絶対に言わない!これは自分の女としてのプライドだ!って考えてます。

勿論、別れちゃった方が、その時は辛いけど、後は楽なのかも知れない。
だけど、私の両親だけでなく、彼の両親も傷つけてしまう事になるので、やっぱり簡単には決断出来ないし、出来れば元の鞘に納まるのが一番都合がいいのかな…って気がしてる自分もいます。

長くなりましたが、個別に返信しようかとも思ったんですが、どうもまだネガティブな言葉しか出なそうなので今回は返信コメントを控えさせてもらい、このような記事での返信お許し下さい(*_ _)人ゴメンナサイ

今は、いつまでも泣いてばかりいられないので、少しずつお仕事を本格的に始めています。
とりあえず何があってもいいように、準備だけはしておかないと、本当に自分が弱ってしまいそうだったので…
今は自分を奮い立たせて再出発しだしたところです。

彼との関係も、今は家庭内別居の状態なので、お食事の時だけ会話を交わすだけの関係です。
状況が悪くなったというよりも、これでお互い一歩離れたところで、もう一度自分達の人生を見直す良いきっかけになりそうです。

皆さんから頂いた、温かいコメントを参考にさせていただきながら、これからちゃんと考えて行こうと思ってます!本当にありがとうございました!

私は自分の意見が正しいのか?間違えなのか?よく解らない自分もいます。
男性の意見や、経験者の意見を参考にさせてもらって今後に生かしていければ…と思います。お気軽にコメント下さい。

後、調停とか弁護士とか、そういう離婚問題関係が全く無知なので、知ってる方がいれば教えてくれるとありがたいです。

次回はちゃんと、パチスロの話題でお会いしましょう♪





posted by バツイチslotmama at 04/04 11:04
| Comment | TrackBack(0) | 日常的な事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92201080
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。