サーチ slot blog村 JRANKSLOT blogRank パチサーチ SEO対策 パチスロ スロット 攻略 解析
新着記事

心霊写真と下見の話

明日はスロ稼動予定なんで、下見してきました♪

といっても、普段から下見は師匠の仕事だったんで、何がどうやら…
一応要点だけは確認していますが、全機種56投入の店か、定かじゃないけど、設定6メインの店かどちらかにする予定です。

一応、明日のメール次第で決めるけど…

1店舗だけ下見を疎かにしたので、そこはスルーしかないよね。
負け戦だけは出来ないし…

んな訳で、やっぱり師匠無しでは生きられない元妻で、今日も昼過ぎまで爆睡してましたー。仕事完全にやる気なし。最悪。

今日は、そんなスロット好きな皆さんに、確率だけじゃないのよ作戦!

パチスロしている人は、幽霊を信じない人が多い!
でもライトは信じてるの!マジで!

で、前回千葉行ってきた時に撮った写真。

心霊写真?


見てよ〜。この丸いの。何かオーブって言うらしいよ?
心霊写真の代表的なものみたい。

もっとみんなを信じさせるような、驚愕の写真を撮ってくるぜぃ♪

あ、ちなみに私はこちらのモバイルサイト⇒新・埼玉の心霊スポット(モバイル専用)に参加させてもらってます。
パソコンでは観覧できないので、興味がある人はQRコードで読み取ってや。
新・埼玉の心霊スポットモバイル


明日はどんな日になるのかなぁ…

超・不安





posted by バツイチslotmama at 08/27 00:31
| Comment | 怖い話

スロプロは幽霊やジュセリーノを信じない

お盆は大体の方が休みなんでしょうね。
ライトも実家でのんびり過ごしたり、花火を見に行ったり、ショッピングをしたり…と、久しくパチスロ打ってません♪

連休はパチ屋に行くとやたらと人が多いので、神谷家では看板イベントが行われいても絶対に行きません。
つーのは、うちは基本2人でノリ打ちっぽい稼動なので、混んでいるともし1人がツモっても1人がツモれない時には参加出来ないんです。
何せマイカーは1台だし、ホールまでは40分。
混んでいれば当然一番打ちたい狙い台は厳しいので、狙い台の機械割も下がりますし、1人車で帰宅してもまた迎えに行くとなると…
やっぱガソリン代が値上がりしてるんで、そこらを考慮すると割りに合わない。
そんな訳で、だったら初めから行かなーい。って感じです。

しかもうちの地域すごい判りやすいんですよね。
やっぱりこのお盆時期のメールはしょぼい。
設定もまるで入ってない店がほとんどで、良い店でも設定投入の絶対数が極端に悪い感じです。
な訳で、明日の看板イベントも行くかどうするか…と検討中な感じです。

さて。
今日は出かけようと思ったんですがスゲー雷なので、適当にお題をつけてブログを更新してみます。

今回のお題は『スロプロは幽霊やジュセリーノを信じない』って事で。
実は何回か心霊系の話をしていたんですが、うちの旦那は全くと言って良いほどに幽霊ってヤツを信じないんですよね。

まあうちの旦那だけならばともかく、うちの旦那の友人も信じないんですよ。
で、この信じない人は、もうかれこれ10年以上前からプロの方。

どうやら話を聞いていくと、信じられない理由は、科学で証明出来る事…だからだそうです。
例えば心霊写真や心霊動画など。
こういうものは人が手を加えればいくらでも編集できるから…という事で。

少し前に、HEYHEYHEYで、恐怖の心霊映像BEST3ってのをやってたんですけど、それも怖がるとか信じるって概念は無く、ただケラケラと笑ってました。

HEYHEYHEY 恐怖の心霊映像BEST3


幽体離脱や金縛りとかもやっぱりそうで、疲れている時に夢の中で体感している事をあたかも実際に体感した感じになっちゃうんだってさ。

じゃあ火の玉は?って聞いたら、あれは人間の骨に含まれる成分が空気中に出てそれが発光しているんだとか言ってた。
要するに土葬してある土地の墓地付近で見られるから、人間の心理的に死んだ人=霊のものだと思い込んでいるだけなんだって。

まぁとにかく信じないわけ。

でね。これって不思議で、パチスロでプロに近くなる人ほど信じないみたい。
なんて言うのかな…数字が全て。確率が全て…っていう理数系の頭の人ほど信じないみたい。
特にスロットなんて確率が全てじゃない?
だからこそきっと、世の中の全ては数字と科学から出来ているって信じているのかも。

でもね。私はやっぱり不思議な体験もしているから、何となく信じてるんだよね。
例えば、ジュセリーノっていう人。
最近有名じゃない?

夢で未来の出来事を体験しているんだって。
で、それがよく当たるんだとか。
私も彼の本を購入して読んでみたんだけど、過去にはサリン事件とか、911事件、スマトラ沖の地震とかも遠い昔に夢で見てて、そういうのが起こる前にお国の大統領だとかに警告の文章出してたんだってね。

 


この人に関しては、賛否両論もあるみたいだけど、私は一概に嘘だとは言えない気がして…

っていうのはね、ちょっと別の話なんだけど、私も眠っている時に予知夢っていうか…不思議な体験をしたの。

私が10代の頃なんだけど、ちょうど母親が入院しててね。
ある日の朝方…4時位だったんだけど、ちょうど目が覚めたのね。
私一旦寝ちゃうと絶対に朝日が昇るまで目覚めることがないの。
だけどその時は本当にパッチリ目が覚めたのね。

その時夢で何かを見たんだけど思い出せなくて…
でも何だか自分にとって何かすごい悪い事だったの。
だからすごい不安で、何か悪いことが起きる気がして、その夢を必死に思い出してたんだ。

そしたら2分後くらいかな?
急に電話が鳴って。
その時すごくビックリしたんだけど、電話を取る前に何となく解っちゃったんだ…うちのおかん死ぬのかな?って。

勿論、もともとおかんは危なかったわけじゃなくて。
確かにしばらく入院してたけど、時々外泊もしてたし、まさか死ぬなんて思いもしなかったし。
だけど、直感で死ぬって、何となくそう思ったの。

でね。何でそう思ったのかその後に解ったんだよね。
私は起きて電話を取ったんだけど…

その時「はい○○です」って言ったとき。
真っ暗な部屋で受話器を手にした時、まだ4時を少し過ぎた時計に視線を送って、自分が受話器のコードを指に絡めた時、すごく「あれ?これって…?」って思ったんだよね。

みんなもあるだろうけど、初めての経験なのに、前にも同じことが在ったような気がする感覚の既視感。
でも思い出してもこんな夜中に私が電話を取ることなんて絶対無くて、っていうよりも夜中に電話が鳴った事なんて考えてみたら一度も無くて。

で。その時に思ったの。
あーこれって、作られた記憶…いわゆるデジャブーなんだ…って。

でその後は思った通りで、相手は病院からでおかんが危篤だって告げられたんだよね。

もしかしたら、ドラマとかで見た光景が自分の中で作られてデジャブーになったのかな?って思ったんだけど、だけどあの一瞬視線を送った自分のうちの時計とか、黒い昔の電話のコードを指に絡めた時とか、まるでドラマじゃなくて、一回どっかで体験した感じだったんだ。

で、それが何なのか判ったのは、部屋に戻ったときに隣に寝てた妹が言った言葉で解ったの。
私がまだ何も言ってないのに、妹は「姉ちゃん。おかんきっと死んじゃうね」って言ったんだ。
それ言われた時、ズガーンって思い出したん。
あ。これさっき夢で見たんだ!って。

で、これが何なのか解らなかったんだけど、夢でこのシーンを見て、そんでおかんが危篤の電話の2分前に目が覚めたんだって。
だからきっとこれが虫の知らせってヤツなんかなぁ…なんて思ってたんだ。
今でいうジュセリーノって人の予知夢となんら変わらないなぁなんて思ったんだよね。

実際なんでこんな事があったのかもわからないし、自分はそれから予知夢を見た事もないんだけど。
だけど、本当に科学でも説明出来ない事があるんじゃないかな?なんて思ったりするんだよね。

だけどね。この時の事は実は私だけじゃなかったんだよ。
実はうちの妹も、電話が鳴るちょっと前に目が覚めたんだって。
夢は覚えてないけど、とにかく胸騒ぎがしてて、それで電話が鳴って…ああ。おかん死ぬかも…って思ったらしい。

で。結果的におかんは死んじゃったんだ。
不思議だよねー。
でも私も弟も妹も、おかんの危篤の知らせがあっても会いに行かなかったんだけど。

まー。話が飛んだけど、要するに私はこの世に絶対なんて存在しないから、科学や数式では片付けられない何かがあってもおかしくないと思うんだよね。

パチスロでたまたま座った台で設定6をツモった。
確率的にある事だと言えばそれまで。
だけど、何か別の力が働いていたら…?
そんなん誰にもわからないからね。
説明のつかない事なんていくらでもあると私は思うんだ。

皆さんは幽霊だとか予知夢だとか信じますか??
信じるか信じないかはあなた次第。byハローバイバイ


追記:虫の知らせの不思議体験をしたんですが、うちの弟だけは父に起こされるまで平気で寝てましたww





posted by バツイチslotmama at 08/16 17:13
| Comment | TrackBack(0) | 怖い話

【心霊体験】バックミラー

蒸し暑くて寝苦しい夜だから、ふと何十年も前に行った海を思い出してました。
そしたら、その時体験した怖い思い出を思い出してしまって寒くなっちゃったので、誰かにおすそ分けしますね。


えっと。これは私が19歳の時のお話。

当時免許取り立ての私と友達Tは、車で遠出をする事を趣味としていました。

男に振られればいつも海。
急に夜風にあたりたくなったら海。

次の日に仕事があっても、あの頃は何時間かけても夜の海に行ってましたね。
その位、ドライブが好きだったんです。

それで、その日もTの車でいつもの様に海に行ったんです。
女2人で、遅くまで遊び疲れた帰り道の事でした。

『遅くなっちゃったから、近道して帰ろっか』

Tはそう言うと、いつもとは違う別の道に入り込んだんです。

進んでいくと、道は細い山道に入っていきました。
進む度に外灯も少なくなり、やがて民家もなくなってしまって…

『ねぇ…この道で本当にあってる?』

当時はカーナビなんてなかったので、もし逆に遠回りになると困るので私はTに尋ねました。

でもTは大丈夫だよと笑ったので、私もそれ以上は何も言わず、窓を全開にしてお気に入りの歌を歌っていました。

そしてしばらくすると、車から流れていたCDに急にノイズが流れて、歌が飛び飛びになってしまったんですよ。

『あれぇ?何かバグってる?』


とりあえず私がオーディオを操作して首を傾げていると、急に…

ドン!


っていう音が頭上に響きました。

『…?ん?な、何今の…?』


ちょっと不気味っていうよりも、かなり不気味で全身に鳥肌がゾワーって立ちました。

私がTに尋ねてもTは私には答えずに無言で運転しています。
もしかすると彼女も怖いのかも知れない…
そう思った私は、それ以上に話しかける事が出来ずにいたんです。

でもそうしてる内に、また車の天井から

…ドンドンドンドン…


と、今度は何かが天井を叩くように連続して頭上に響きました。

これにはさすがの私もただ肩をすぼめて耐えるしかなくて…

これは絶対乗ってるの人間だろ?
でもきっと生きてる人間じゃない人間…

嫌な予感がどんどん膨らんできて、頭上を見ることも後ろを振り返る事も出来ずに、ただ硬直してました。

でも音は鳴り止む気配はないし、さすがに怖くて黙ってられなくなってきたので、

『ど、どうしたんだろうね?もしかして、さ、猿でも乗っかっちゃったりして?』


結構人間って窮地に立たされると、おかしな事を言うんですよね。
その時の私は、自分が思っている事をこれ以上考えたくなかったので、無意識にすっとぼけた問いかけをしてました。
そうすればTもきっと同調してくれるって思ってて…

でも私が引きつり笑いをしながら問い掛けると、Tが急に恐ろしい形相になって私を制したんです。

『いい?窓閉めて!!ミラーを見ないで下向いてて!!』


Tの言葉の意味を考える事も出来ずに、私はただTの恐ろしい表情を見て、そして急に現実に引き戻されて怖くなって言われた通りにしました。

でもTがその言葉を言った時から、急に音は激しさを増していくんです。

私は怖くて怖くて膝がガクガクしてしまうのを抑えて必死に下を向いてました。
そして私がただただ震えながら耐えている間に、Tは急いでUターンして山道を引き返してくれたんです。

そうすると不思議な事に音はなくなって、音楽のノイズも消えました。


だけど…
事件はこれでは終わらなかったんです。


その後、車内は重苦しい雰囲気に包まれたままで、私たちは喋る事もなくTの自宅に辿り着きました。

そして車から降りると…
なんと車の天井は何かに叩かれたような跡があり、ボディに無数のへこみ跡が残っていたんです。

口に出しませんでしたが、それは人の手形に似ていました。
この時はさすがに『ヒッ』って声を漏らして、真実に震えたのをよく覚えてます。

Tがあのとき一体何を見たのかは判りませんでしたが、私はそれを聞く事も無く、Tに別れを告げて逃げるように帰宅しました。

そうそう。
よく考えたら、Tは小学校の頃から霊感が強いと噂されていました。

私も信じていた訳じゃないので、実際こんな不可解な経験をしてなんとなくそれを信じた…というか納得したような気がしました。

そんな事件も記憶から薄れた頃、Tの家に久々に遊びに行きました。
そしてふと車を見ると、Tの車が別の車になっていたのです。

あの傷跡が原因で新しい車を購入したんだろうと思っていたんですが、
実は真相は違ったんですよ。

Tはあの不思議な出来事の後に事故に遭ったそうで、車は廃車、Tも怪我を負ったそうなんです。

Tとはお互いが結婚した後も変わらずよく会うんですけど、あの時彼女がバックミラーに見たものについては今でも聞けずにいるんですよね。

で。私というと…
実はあれ以来不思議な体験をするようになってしまったんですよね。

この話とか、後は色んな不思議な体験を旦那に話してもいつも信じてもらえないんですよね。
それどころか、あれこれ科学的な説明をつけて結局信じないんですよ。

パチスロやってる人って理数系の人が多いから、頭で説明のつかない事は信じないんでしょうかね?

ん。でも本当ですよ。
私だって、幽霊とか信じる?って言われたらどっちだろう?って思ってたけど、でも今は信じてますし。

実際に体験すればきっと納得してくれるんだろうな…

でも旦那曰く…

「幽霊なんて信じてるから見るんだ♪」


と言っていました。
それって科学的な根拠はあるのか…orz

今でもあの時の車の手形を見るとゾーっとします。
一体、車には何が乗っかってたんだろう?

皆さんは信じてくれます?





posted by バツイチslotmama at 07/30 02:12
| Comment | TrackBack(0) | 怖い話

【ホラー】深夜の音

今日は稼動日記か新台の事でも書こうと思ったんだけど、気が向かないのでたまには趣向をかえてみましょうかなww

確か去年辺りなんですが、真実は闇の中。一人かくれんぼin2ちゃんねるって記事を書いたんですよ。
内容はホラーな話。
実は未だにその記事がすごく人気があるんですよね。

もしかして日本人ってホラー好きな人が多いのかなぁ…なんて。

そんな暢気な神谷ですが、さすがに三十何年も生きていると、不思議な体験の1つや2つはあるもんです。

今ままでそんな事は一切書いてなかったんですが、実は昔モバイルサイトで怖い話サイトを作っていたほど不思議体験があります。

もう夏でホラーな季節なので、暇な時はこういう話も書いてみようかな?と。

蒸し暑い季節なので、少しでも涼しくなってもらえれば…と思いますww
※嫌いな人はスルーでよろしく。


実はこれはわりと最近の出来事で。
私が結婚して、今のアパートに住む事になってからのお話です。

私の住むアパートは大通りから外れた道沿いにあり、閑静な住宅街といった感じなんですよ。
昼間でもさほど煩くないので、朝と夕方に時々子供達が学校から家に帰る時位にしか笑い声も喋り声も聞えないほどなんです。

そんな静かな住宅街でしたが、4年前の2月。
とても寒い日にソレはやってきました。


その夜。
私は深夜まで書きかけだった小説の執筆していたんです。
当時のストーリーはまだ先が見えない状態で、構想を練りながらサスペンスにするか?推理か?はたまた、ホラーにするか…?とか。

丁度その視野にホラー要素を取り入れようと、霊の存在を付け加えるかどうかで色々模索していたの日だったんです。

そんな訳で、色々なホラーサイトで心霊現象や本当にあった霊現象などのページを見ながらリアルにありそうな構成を練っていました。


と。時間はもうすぐ深夜3時。
部屋が煙草の煙臭かったので、窓を開けようと窓辺に立った時でした。

今まで物音も聞えない住宅街に、急にボールの弾む音が…しかも規則的に、ダム…ダム…ダム…と聞えてきたんです。

おかしいなぁ…
こんな夜中に…?

私はカーテンを開けるべきかどうか迷いました。

躊躇していると、その音に混ざって今度は小さな子供の笑い声が聞えてきました。

夜中の3時に?
嘘でしょ?

若い子ならともかく幼児のようなキャッキャッって笑い声。
カーテンに手を掛けた時にふと背筋が硬直するのを感じました。

私の直感。
あ。これは、やばいな…って。
多分、生きている人間じゃないな…って。

何となくそう感じた私はカーテンから手を離し、PCも閉じて布団に潜り込みました。

でも、布団にもぐると音と声は小さくなるばかりか、逆に頭に響いてくるんです。

こりゃやべぇな。
ダメだ。絶対開けちゃダメだ。

私はとにかく目を瞑り、ソレが遠ざかるのを待ちました。
約10分程のことでしたが、ソレは遠ざかる感じではなく、プツンと切れて音を無くし、静まり返ったんです。

翌朝目覚めて通学途中の子供達の様子をみていましたが、やっぱり子供はいつでも煩いんですよね。

もしもあの時に居たのが本当の子供だったら、帰り際までぺちゃくちゃ喋っていただろうし、夜中に遊んでいたら親が注意する声が聞えたはず…

何よりも、あんな時間に小さな子供が遊んでいる訳ないんだから…

私はそれ以来、夜中に霊の類の話を読む事は止めました。

でも、そんな事も忘れて、また5月にまったく同じ事がありました。

ダメですよね。やっぱり。
そういった書物を読んでいると、自分でも知らぬ間に呼び寄せちゃっているかもしれないし。

まー。
今回は、軽くホラーな話。
本当はもう少し怖い話もあるんだけど夜中だしね。

あ。そうそう皆さんも、夜中の読書には気をつけて。
もしかしたら知らない間に呼んじゃう事もあるので。





posted by バツイチslotmama at 07/13 01:25
| Comment | TrackBack(0) | 怖い話

真実は闇の中。一人かくれんぼin2ちゃんねる

今日は夏なので怖い話をしてみる(´∀`*)

先月実家に帰った時の事。
深夜3時。妹と飲んでる所に弟が仕事から帰宅した。
いつもなら適当に笑い話をしてるんだけど、この日の弟は何だか興奮しながら私達にとっておきの話を聞かせてくれた。


一人かくれんぼ


事の発端は、2ちゃんねるへの投稿から始まったらしい。
何でも、ある方法で一人かくれんぼすると、一人でかくれんぼしているのに誰かが鬼をしているという話だった。

そんな事あるのか…?

という事で、とある勇者?が一人かくれんぼを行った。

その手順には始める方法や終わりにする方法があり、中でも終了する場合に必ず塩水が必要になるらしいのだ。
しかし、何とまあその勇者さんの1人は用意した塩水を台所に置き忘れて隠れてしまったというベタな話。

深夜3時から開始するというこの一人かくれんぼでは、真っ暗にした中でテレビを付け、押入れに隠れるのが掟。
勇者の中では始まりの合図のように付けていたテレビが次々と消えていく。
さらに誰も居ないはずの部屋に誰かが侵入し辺りを探し始めている気配。

家の人だろ?って。
いや。無い無い。
だってこの一人かくれんぼは、家に一人で居る状況でしか行えないから。

明らかに人の気配はするものの、その正体は知れず。
勇者はたまりかねて、一人かくれんぼを次々と終わりにしていく。

そんな中、終了する為の塩水を忘れた一人の勇者が取り残される。
彼は一時音信不通になってしまうんだけど、最終的には終了できるのね。
でも、始めに一人かくれんぼを教えた勇者の内一人が消えてしまった。と。

2ちゃんねるで話題になったから、もしかしたら知っている人も多いかもしれないけど。
この話が怖いなと思うのは、ネタかどうかの事実を検証するには、実際に一人でやってみるしかないというところ。

実際に一人かくれんぼを試した勇者達は、確実に何かがいるのを感じていたようなのだけど。
それをネタと批判する人もいるだろうけど、結局は自分でやらない限りは真相を知る事は出来ないからネタだと声を荒げる事も出来ないんだよね。

弟は私と妹を怖がらせる為にオーバーに語ってくれたんだけど、正直リアル過ぎて眠れなかった。
だって時間が夜中の3時だったんだもん( ´,_ゝ`)

その後実際に検証スレを読んで、検証画像などを見てみたけど…
つか。検証写真に写ってる女性に、何で誰も突っ込み入れなかったのかが不思議でならなかったんだよね。
もしかして、見えてるの私だけ!?と思ったら異常に怖くなりました。

何でもこれ交霊術の一種とか囁かれてます。
夏だし、興味がある人は試すのもいいかもね。
ただし、命の保障は出来ないし、私は絶対やらないけど(;・∀・)

一人かくれんぼまとめサイト

みなさんのスロライフのご参考までに(* ^ー゚)ノ
スロ情報は







posted by バツイチslotmama at 08/03 22:28
| Comment | TrackBack(0) | 怖い話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。